道新プレイガイド

ご購入はこちら

会員登録がまだの方

会員登録はこちら

日時 ・ 場所 2017年7月6日(木)

【昼の部】 開場 12:45 開演 13:30
【夜の部】 開場 17:15 開演 18:00
場所 札幌市教育文化会館

料金など
特等席 10,000円
一等席 9,000円
二等席 8,000円
U-25席 5,000円
(全席指定・税込)

★U-25席とは?(当日引換券)

  • 25歳以下のお客様が対象となります。
  • 当日、免許証など年齢の分かるものをお持ち下さい。
  • 二等席対象で、当日会場にて指定席とお引き換えになります。

【会員限定先行販売】会員特典: 送料無料 3/23(木) 10:00~3/28(火) 17:00
【一般販売】4/7(金) 10:00~

ご購入はこちら

会員登録がまだの方

会員登録はこちら

あらすじとみどころ

■猩々

中国は揚子のほとり。酒を好物とする猩々が、酒売りのもとに現れ、今日も酒を所望します。猩々はうれしそうに酒を飲むと上機嫌となり、酒の徳を謳いながら舞を舞って見せます。やがて猩々は、いくら飲んでも尽きない酒壷を酒売りに与えると去っていくのでした。
水の中に棲む酒好きで無邪気な中国の伝説の霊獣、猩々を巧みに表現した、格調高い華やかな舞踊をご覧いただきます。

■口上

裃姿の俳優が舞台に並び、皆様に八代目中村芝翫、四代目中村橋之助、三代目中村福之助の襲名披露のご挨拶を申し上げる華やかな一幕です。

■熊谷陣屋

熊谷直実が自らの陣屋に戻って来ると、国元にいるはずの妻相模が陣屋を訪れています。熊谷は、相模と敦盛の母藤の方に一ノ谷の合戦で平敦盛を討った次第を語り、源義経のもとに敦盛の首を届けようとします。そのとき奥から義経が現れ、その場での首実検を命じます。熊谷が首を差し出すと、そこには熊谷の一子小次郎の首。義経は、後白河法皇の落胤である敦盛を救うよう密かに制札に託しており、その意を汲んだ熊谷は、我が子を身替りにしたのでした。そこへ梶原平次景高が頼朝へ言上すると駆け出しますが、石屋の弥陀六により梶原は絶命します。義経は、弥陀六が平家の残党、弥平兵衛宗清であると見抜き、救った敦盛を託します。そして熊谷は…。
人生の儚さが胸をうつ義太夫狂言屈指の名作を、新芝翫が襲名披露狂言として、四世芝翫の型で演じます。

出演

中村芝翫(なかむら・しかん)
八代目 成駒屋

昭和40年8月31日生まれ。七代目中村芝翫の次男。45年5月国立劇場『柳影澤蛍火』の吉松君で中村幸二の名で初舞台。55年4月歌舞伎座『沓手鳥孤城落月』の裸武者石川銀八ほかで三代目中村橋之助を襲名。61年名題適任証取得。平成28年10・11月歌舞伎座『熊谷陣屋』の熊谷直実ほかで八代目中村芝翫を襲名。

中村橋之助(なかむら・はしのすけ)
四代目 成駒屋

平成7年12月26日生まれ。中村芝翫の長男。祖父は七代目中村芝翫。12年9月歌舞伎座の『京鹿子娘道成寺』の所化と『菊晴勢若駒』の春駒の童で初代中村国生を名のり初舞台。28年10・11月歌舞伎座『連獅子』の狂言師後に仔獅子の精ほかで四代目中村橋之助を襲名。

中村福之助(なかむら・ふくのすけ)
三代目 成駒屋

平成9年11月13日生まれ。中村芝翫の次男。祖父は七代目中村芝翫。12年9月歌舞伎座『京鹿子娘道成寺』の所化と『菊晴勢若駒』の春駒の童で初代中村宗生を名のり初舞台。28年10・11月歌舞伎座『連獅子』の狂言師後に仔獅子の精ほかで三代目中村福之助を襲名。

中村梅玉 (なかむら・ばいぎょく)
四代目 高砂屋

昭和21年8月2日生まれ。六代目中村歌右衛門の養子となり、31年1月歌舞伎座『蜘蛛の拍子舞』の福才で二代目加賀屋福之助を名のり初舞台。42年4・5月歌舞伎座『絵本太功記』の十次郎と『吉野川』の久我之助ほかで八代目中村福助を襲名。平成4年4月歌舞伎座『金閣寺』の此下東吉と『伊勢音頭』の福岡貢で四代目中村梅玉を襲名。

中村歌六(なかむら・かろく)
五代目 播磨屋

昭和25年10月14日生まれ。二代目中村歌昇(四代目中村歌六)の長男。弟は又五郎、いとこに時蔵、錦之助、獅童がいる。30年9月歌舞伎座『夏祭浪花鑑』の伜市松ほかで四代目中村米吉を名のり初舞台。56年6月歌舞伎座『一條大蔵譚』の大蔵卿ほかで五代目中村歌六を襲名。

中村扇雀(なかむら・せんじゃく)
三代目 成駒家

昭和35年12月19日生まれ。坂田藤十郎の次男。兄は中村鴈治郎。42年11月歌舞伎座『紅梅曽我』の箱王丸で中村浩太郎を名のり初舞台。平成7年1月大阪・中座『本朝廿四孝』の八重垣姫ほかで三代目中村扇雀を襲名。

中村錦之助(なかむら・きんのすけ)
二代目 萬屋

昭和34年9月29日生まれ。四代目中村時蔵の次男。兄は現・時蔵。いとこに歌六、又五郎、獅童。39年7月歌舞伎座『宮島だんまり』の梢ほかで中村信二郎を名のり初舞台。19年4月歌舞伎座『鬼一法眼三略巻』菊畑の虎蔵ほかで二代目中村錦之助を襲名。

市川高麗蔵(いちかわ・こまぞう)
十一代目 高麗屋

昭和32年10月14日生まれ。二代目花柳泰輔の長男。大伯父・八代目市川中車の預かりで37年6月東京宝塚劇場『義経千本桜』の安徳帝で初舞台。46年12月初代松本白鸚の部屋子となり、市川百々丸を名のる。56年10・11月歌舞伎座『壽曽我對面』の喜瀬川で二代目市川新車を襲名。平成6年4月歌舞伎座『双蝶々曲輪日記』の山崎屋与五郎で十一代目市川高麗蔵を襲名。

中村梅花(なかむら・ばいか)
四代目 京扇屋

昭和25年9月25日生まれ。49年国立劇場第二期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場『妹背山婦女庭訓』の腰元ほかで山崎隆の名で初舞台。50年4月七代目中村芝翫に入門し、中村芝喜松を名のる。平成3年4月歌舞伎座『野崎村』の下女およしほかで名題昇進。28年10月歌舞伎座『女暫』の局唐糸ほかで四代目中村梅花を襲名し幹部昇進。



トップページへ